01/27
2023
Fri
旧暦:1月6日 赤口 乙 
政治・行政 社会・全般
2011年1月13日(木)9:00

前年比5.5%減の585㌧/宮古クリーンセンター

年末年始ごみ搬入量


順調な稼働で処理された缶類=7日、宮古クリーンセンター

順調な稼働で処理された缶類=7日、宮古クリーンセンター

 宮古クリーンセンターは12日、2010年12月28日~2011年1月6日までの年末年始ごみ搬入量をまとめ発表した。それによると、前年同期比5・5%減(34㌧)、585㌧の搬入があった。


 センターでは「前期は不法投棄防止の呼び掛けなどで搬入量が増え、今期は市民にごみ減量化が浸透している」と分析している。

 ごみ搬入車両台数は、今期2226台、前期2099台。

 今期と前期のごみ量を比べると、可燃ごみが46㌧減の478㌧、粗大ごみ(テーブル、机、タンスなど)が17㌧増の53㌧、資源ごみ(缶類、瓶類、ペットボトル、新聞・雑誌など)が4㌧減の53㌧。

 粗大ごみは住宅や事務所の新築・改築の時に排出される量が多いとされる。

 地域別のごみ搬入量は次の通り。
 【平良】可燃=357㌧▽粗大50㌧▽資源=42㌧
 【城辺】可燃=36㌧▽粗大=1㌧▽資源=3・7㌧
 【下地】可燃=19㌧▽粗大=0・7㌧▽資源=2・8㌧
 【上野】可燃=23㌧▽粗大=1㌧▽資源=2・7㌧
 【伊良部】可燃=43㌧▽粗大=1㌧▽資源=2・5㌧


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!