06/23
2024
Sun
旧暦:5月18日 仏滅 戊 
社会・全般
2020年4月2日(木)8:55

「ウチナーンチュの心」発信/第39代ミス沖縄

山里さん(平良出身)らが意気込み


第39代ミス沖縄に就任した(左から)岩本華奈さん、山里ひかるさん、新里瑞紀さん=1日、首里城公園内「守礼門」前

第39代ミス沖縄に就任した(左から)岩本華奈さん、山里ひかるさん、新里瑞紀さん=1日、首里城公園内「守礼門」前

 【那覇支社】沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB、下地芳郎会長)は1日、首里城公園の守礼門前で、沖縄観光を県内外でPRする第39代沖縄観光親善使節・ミス沖縄2020のお披露目セレモニーを催した。

 平良久松出身で歯科衛生士の「コバルトブルー」山里ひかるさん(28)は、就任のあいさつで「これまで培ってきた経験を生かし、沖縄の先人たちが築いた伝統文化を通して『ウチナーンチュの心』を県外、世界へと発信していきたい」と語った。

 ミス沖縄2020には、山里さんのほか、「スカイブルー」に琉球大学4年の岩本華奈さん(22)=那覇市首里出身=、「クリーングリーングレイシャス」に看護師の新里瑞紀さん(28)=うるま市出身=が就任している。

 岩本さんは「大学で観光を学んでいるということもあり、沖縄と世界を結ぶ『懸け橋』として、青空のように、皆さまに元気を与えられるよう努めていきたい」と述べた。

 新里さんは「沖縄を離れて生活する中で、沖縄が多くの人に愛されていると感じた。『ゆいまーる』や『うとぅいむち』(おもてなし)の精神の魅力を一人でも多くの人に伝えていきたい」と強調した。

 下地会長は「首里城の復興を少しでもお手伝いしたいとの思いで、この場所をお披露目式の会場に選んだ。新たなミス沖縄の3人には、県内外、海外においても、沖縄の先頭に立って、思いっ切り活動してほしい」と激励のことばを送った。

 セレモニー終了後、ミス沖縄の3人は、同公園内の「首里杜館」前で、「首里城復興祈念バッジ」を来場者に配布する初仕事に取り掛かった。今回就任した3人は、来年3月31日まで「ミス沖縄」として活動する。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!