04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
政治・行政 社会・全般
2020年4月4日(土)8:59

観光客の来島自粛求める/多良間村の伊良皆村長

重症化リスク高いと判断


会見を開き、観光客の来島自粛を呼び掛ける伊良皆村長=3日、村役場(写真提供・同役場)

会見を開き、観光客の来島自粛を呼び掛ける伊良皆村長=3日、村役場(写真提供・同役場)

 多良間村の伊良皆光夫村長は3日、村役場で会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた対策として、観光客の来島自粛を求めた。村内の高齢化率が30・3%であり、重症化リスクが高いことを理由に挙げた。自粛期間は21日まで。その後は県内の流行状況をみて判断する方針。

 伊良皆村長は「島内にウイルスを持ち込ませないことが、最大最善の対応と考えた。村民の健康と生命の安全に不安がある状況を理解いただきたい」と語った。

 重症化リスク以外にも▽狭いコミュニティーのため、伝染性疾患が流行しやすい▽村内は医師1人、看護師1人と限られた体制で運用されている▽医療用マスク、防護服、酸素容量など医療物品が限られている▽宮古と八重山管内で入院病床が十数床しかない-ことを理由として説明した。

 自粛期間を21日までとしたのは、学生らの春休みが終了後、ウイルスの潜伏期間として2週間空けた。

 村民に対しては、不要不急の用事で島外に出ないことを呼び掛けている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!