10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
社会・全般
2020年4月7日(火)8:55

県議選まで2カ月/6月7日投開票

宮古島市区は混戦模様

 6月7日投開票の第13回県議会議員選挙まで2カ月となった。定数2の宮古島市区には現職の座喜味一幸氏(70)、亀濱玲子氏(66)と新人で前市建設部長の下地康教氏(60)が立候補を予定している。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で社会が自粛ムードに包まれている中、難しい選挙を強いられている。

 座喜味氏は2017年の市長選挙で保守系の現職市長を支持せず、別の候補を応援したことで、市議会与党議員団とは離反。前回の県議選とは支持層が変化している。座喜味氏は3月20日に基本政策を発表し、4期目を目指すことを表明した。

 保守系の与党議員団は現職市議の棚原芳樹氏を候補者として擁立、自民党県連から公認を得ていた。が、3月になって健康上の問題を理由に辞退した。仕切り直しを迫られた議員団は3月下旬になって下地氏の擁立を決めた。下地氏は自民党県連公認を得た上で今月1日に出馬表明した。

 亀濱氏は玉城デニー知事を支えるオール沖縄勢力の支持を受け、前回初当選。今回2期目を目指す。革新勢力を中心とするオール沖縄だが、17年の市長選挙での対応をめぐって、内部のしこりが解消されず現在に至っている。市議の國仲昌二氏(59)を推す勢力もあり、水面下で一本化作業が進められているが調整に時間を要している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!