07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
社会・全般
2020年4月8日(水)8:59

「こんなの初めて」/コロナ影響 募る不安

待合室、売店閑散/宮古空港


新型コロナの影響で利用客がまばらとなり閑散とする土産品店=7日、宮古空港2階

新型コロナの影響で利用客がまばらとなり閑散とする土産品店=7日、宮古空港2階

 全国的に新型コロナウイルス感染拡大が進み、ここ数日は県内の発生件数も大幅に増えて日々緊張感が高まる中、島の空の玄関「宮古空港」も以前に比べると人の流れが大幅に減っている。搭乗待合室は利用客がほとんど見られず、土産品店が並ぶ2階も人の行き来はまばら。売店の店員は「こんなことは初めてだ。売上げも以前に比べたら5~7割ほど落ち込んでいる。特に4月に入ってからは深刻」と話し、先行きの見えない現状に不安を募らせている。

 感染拡大の影響で観光客が減ったことを受けて日本トランスオーシャン航空(JTA)、全日空(ANA)とも3月から那覇-宮古便が減便となっている。

 それでも、3月は大学や専門学校への進学などで、上京する人たちや見送りの家族らが空港に訪れ、今よりは人の流れはあったという。

 土産品店の店員は「4月になってさらに減っている。特に今週は少ない。こんなにまで人がいない空港内の状況を最近、見たことがない。台風の時でも今よりはまだ人はいる」と嘆いた。

 売り上げは約5割~7割減る時もあると言い「売れないことで賞味期限がある商品は廃棄する量がかなり増えている」話した。

 今後の見通しについては「全く立たない。緊急事態宣言が出たことで、さらに状況は厳しくなると思う。ゴールデンウイークを含め5月まで期待はできない」と肩を落とした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!