10/01
2022
Sat
旧暦:9月6日 友引 丁 
産業・経済
2020年4月10日(金)8:56

牛競りの入場規制へ/JA宮古家畜市場

新型コロナで見学禁止


19日に予定通り肉用牛競りを開く予定のJAおきなわ宮古家畜市場=9日、平良下里

19日に予定通り肉用牛競りを開く予定のJAおきなわ宮古家畜市場=9日、平良下里

 新型コロナウイルスの影響が広がる中、4月19日の肉用牛競りは予定通り開かれる見通しだ。ただ、感染防止のため、競り市場への入場は購買者と牛を引く生産農家、JAスタッフら最小限にとどめる。見学や付添人の場内立ち入りを規制するほか、2階席への入場も全面的に禁じる方針。

 4月の県内肉用牛競りは13日に八重山地区を皮切りに始まる。運営するJAは9日現在、それぞれ感染防止策を講じて予定通り開く方向で準備を進めている。

 宮古家畜市場の競りは19日に開かれるが、2階見学席への入場は認めない。毎月多くの人が来場し、上場牛の競り値などをチェックしているが、今回は2階の出入り口を閉じる。

 市場に入れるのは原則として生産農家と購買者、JAスタッフのみ。必要最低限の人数で売買を行う。

 素牛(子牛)を買い付ける購買者は、全国各地から訪れるが、宮古の競りに参加する購買者の約6割が九州地方から訪れる。そのほかは山形、静岡など。参加人数は合計30~40人。

 JAおきなわ宮古地区畜産振興センターの荷川取努センター長は、「感染予防のための入場制限で、見学や付き添いの方の来場は控えてほしい」と関係者に理解と協力を求めている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!