05/18
2024
Sat
旧暦:4月11日 友引 壬 
社会・全般
2020年4月10日(金)8:55

「3密」を避けて/伊良皆村長

たらまゆう船員に要請


新型コロナウイルス感染予防でたらまゆう船員に要請文を読み上げる伊良皆村長(右)=9日、前泊港

新型コロナウイルス感染予防でたらまゆう船員に要請文を読み上げる伊良皆村長(右)=9日、前泊港

 【多良間】多良間村は9日、新型コロナウイルス感染予防対策として、多良間海運が運航する「フェリーたらまゆう」の船員に密閉、密集、密着の「3密」を避けることやオトーリの禁止などを要請した。伊良皆光夫村長は「自分自身と家族、村民の健康と生命を守ってほしい」と予防策の徹底を呼び掛けた。たらまゆうは、多良間島-平良港を1日1往復する定期船。

 要請はシードリームたらま(前泊港)で行われ、全船員が参加した。

 伊良皆村長は「フェリーたらまゆうは、多良間村の生活の生命線でもある。もし、船員に一人でも感染者が出た場合、運航がストップする可能性がある」と指摘。その上で日常生活で気を付けてほしいこととして①密閉、密集、密着の3密を避ける②手洗い、うがい、マスク着用の励行③規則正しい生活(免疫力低下の予防)④不必要に出掛けない、集まらない⑤居酒屋などでの宴会に参加しない(オトーリは禁止)⑥大勢の人がいる建物内で長時間過ごさない⑦船員の毎日の検温とせき、鼻水、のどの痛みのチェックの徹底-の7項目を要請した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!