06/17
2024
Mon
旧暦:5月11日 先負 辛 
社会・全般
2020年4月18日(土)8:59

「大変」「実感ない」/緊急事態宣言拡大で

市民に不安と困惑/新型コロナ

 新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるため、政府が16日に対象地域を全国に拡大した「緊急事態宣言」について、宮古島市民に不安と困惑の声が広がっている。「大変な世の中だ」「生活、仕事はこれからどうなるのか」との声が上がる一方で、「宮古では感染が確認されていないので実感が湧かない」と話す人も。市民の声を聞いた。

 「大変な世の中になっている。よく分からないけど怖い」と話すのは、無職の女性(73)。連日、感染者が続々と出ている東京に長男家族が暮らしているという。「毎日、テレビを見ては心配している。電話で聞くと『今のところ大丈夫だ』と言っているが」と表情を曇らせた。

 団体職員の男性(20)は「外出は今まで以上に自粛し、手洗い、うがい、マスク着用をこれまで以上に周知すべき」と市民全員が感染を徹底的に回避する対策を取ることが重要だとした。

 自営業の40代男性は「緊急事態といわれても、宮古では感染が確認されていないので実感が湧かない」、自営業の50代男性は「正直よく分からない。これまで通り手洗い、うがい、人との接触は距離をとることを心掛けるしかない」とそれぞれ戸惑いを漏らす。

 緊急事態宣言後、さらに状況が悪化するのではないかと懸念する50代の男性タクシー乗務員は「客が減って売り上げも相当減った」と危機感を募らせる。4月は13日間の出勤を5日間休むよう会社から言われたという。「来月はタクシーの稼働台数を20台減らし、10日間の休みになる」と嘆いた。

 多良間島に住む男性(62)は「もっと緊張感を持ちたい。RAC(琉球エアーコミューター)も1週間ほどは運休してもらいたという気持ちだ」と語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!