10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
産業・経済
2020年4月21日(火)8:58

子牛価格3カ月連続下落/4月牛競り

平均53万7000円/コロナ影響


肉用牛競り市場成績表(子牛)

肉用牛競り市場成績表(子牛)

 JAおきなわ宮古家畜市場の2020年4月期肉用牛競りが19日開かれ、子牛1頭平均価格は前月比4万3392円安の53万7860円だった。3カ月連続の下落で、5年前の水準まで引き戻された格好だ。枝肉相場の落ち込みと、新型コロナウイルス感染拡大の影響が鮮明に表れている。

 素牛(子牛)価格の下落は全県的な傾向だが、4月競りにおける宮古市場の下げ幅(前月比)は県内市場で最大。厳しい取引実態が浮き彫りとなった。

 宮古市場の性別の1頭平均価格は去勢が前月比4万5757円安の56万8286円まで下落。雌は同比4万1641円安の48万7601円と、50万円を割り込む安値取引となった。

 平均キロ単価の落ち込みも大きい。前月と比べて192円安い1960円。性別にみると、去勢は同比218円安の2012円、雌は同比146円安の1866円とそれぞれ下げた。

 子牛価格を下げている要因は、インバウンド(訪日外国人)の減少で和牛の消費量が落ち込み、枝肉相場が下げ基調にあることが挙げられる。購買者ら畜産関係者の話によると、「枝肉は落ちる一方だ」という。

 これに加えて新型コロナウイルスの感染拡大だ。国民の外出自粛や飲食店の営業自粛などで牛肉消費の動きが極端に鈍り、枝肉の下落に拍車を掛けている。

 こういった実態を映すように、東京市場におけるA4去勢の3月平均卸値は1キロ1861円と前月比で12%、前年同月と比べると24%も下落している。

 新型コロナが終息に向かわない限り、厳しい市況は続くものとみられ、畜産業界は競り値を含めた先行きに警戒を強めている。

 4月の競りに上場された子牛は358頭で、全頭の取り引きが成立した。成牛を含む全体の取り引き頭数は403頭だった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!