06/23
2024
Sun
旧暦:5月17日 先負 丁 
政治・行政 社会・全般
2020年5月19日(火)8:58

新庁舎建設進捗率60%/宮古島市

総事業費 当初より増え118億円


10月末の完成目指し建物工事が進められている=18日、平良西里の市総合庁舎建設工事現場

10月末の完成目指し建物工事が進められている=18日、平良西里の市総合庁舎建設工事現場

 平良西里(市消防本部北側)で建設工事が進められている市総合庁舎の進捗(しんちょく)率(4月末現在)は約60%で、2021年1月の開庁に向けて順調に進んでいる。建物本体の完成は20年10月末を予定し、駐車場や植栽などの外構工事を含めた全ての工事は同年12月に完成を見込んでいる。工事発注時は総事業費105億円を予定していたが、仮設計画の変更や地域外作業員の経費などで13億円増の約118億円を見込んでいる。

 総合庁舎整備事業は市のリーディングプロジェクトの一つ。2005年の市町村合併以降続く現行の分庁舎方式を解消し、窓口機能等を統合して行政運営上の効率と利便性を高める。

 市は当初、21年4月開庁を目指していたが、3月、4月は、市民の転出転入に伴う手続きが増加し、窓口業務が繁忙期になることを懸念。混乱を避けるため、現庁舎から新庁舎への移転作業を20年の年末から21年始めに掛けての連休を利用して行う予定だ。

 建設現場は市消防本部北側で、鉄筋コンクリート造りの3階建て(議会棟は4階建て)。敷地面積は3万5664平方㍍。建築面積は9400平方㍍となる。延べ床面積は2万502平方㍍で保健センターを併設する。駐車場は来庁者用、公用車用ともに200台ずつを確保する。

 振興開発プロジェクト局は「今後、台風の襲来も考えられるが来年1月の開庁に向けて順調に進んでいる。移転作業は繁忙期には行えないため年末年始がベスト。新庁舎には総合窓口も新たに設置し駐車スペースも十分確保するため、市民の利便性が向上すると思う」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!