10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
環境・エコ
2020年6月16日(火)8:58

落花後の姿も魅力/ サガリバナ早朝観察

環境ク「解説会」


落下して間もない「花びらのじゅうたん」が参加者たちの目を楽しませた=15日、平良添道のサガリバナ群生地

落下して間もない「花びらのじゅうたん」が参加者たちの目を楽しませた=15日、平良添道のサガリバナ群生地

 宮古島環境クラブ(下地邦輝会長)の「早朝のサガリバナ」の解説会が15日、平良添道にあるサガリバナ群生地で行われた。会には家族連れらが参加。一夜限りに咲き、地面に落ちてもなお美しい「落花のじゅうたん」となって、見る者を楽しませてくれるサガリバナの魅力に魅了された。

 サガリバナは一夜限りに咲く幻の花で、見頃は初夏。開花時間は日が落ちるころで、夜明けごろには散ってしまう。

 同クラブは例年、サガリバナが咲き誇るこの時期に咲いた花をライトアップして楽しむ「夜のお花見」を実施してきたが、今年は新型コロナウイルスの影響で開催できなくなった。

 こうした状況を踏まえて、同クラブでは特に朝のサガリバナの魅力を紹介しようと今回の同解説会を開催した。

 同クラブは、朝観察することの魅力として、落花することなく咲いている花を五感で体感する▽開花・落花・水面の花びら(おしべ)を楽しむ▽花の香りが漂う中で、鳥のさえずりを楽しむ-ことなどを紹介した。

 下地会長は「群生地では、新緑と共に多くのつぼみが垂れ始めている。新型コロナの影響はあるが『ピンチ』を『チャンス』と捉え、それぞれが新しい楽しみ方でサガリバナの魅力を感じてほしい」と呼び掛けた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!