06/13
2024
Thu
旧暦:5月7日 大安 丁 
社会・全般
2020年6月24日(水)8:58

遺族らが祈り捧げる/慰霊の日

糸満市摩文仁「平和の礎」


従兄の名前をなぞり、手を合わせる西原さん親娘=23日、糸満市の平和祈念公園内「平和の礎」

従兄の名前をなぞり、手を合わせる西原さん親娘=23日、糸満市の平和祈念公園内「平和の礎」

 【那覇支社】「慰霊の日」の23日、糸満市摩文仁の平和祈念公園内にある「平和の礎」には、早朝から時折雨が降る中、多くの遺族や親族らが訪れ、平和への祈りをささげた。

 那覇市に住む平良久貝出身の西原トシさん(82)の親娘は、礎に刻まれた従兄の與那覇良光さんの名前をなぞって花を供え、冥福を祈っていた。

 與那覇さんは、旧制県立宮古中学校(現在の県立宮古高等学校)を卒業後に那覇市首里にある沖縄師範学校に進学。沖縄戦で動員され、犠牲となった。

 西原さんは、「亡くなったのは、激戦地だった、ここ糸満市内と知らされている。その場所を確認できないのが、とても残念でならない。教師を目指した本人の無念さを思うと、胸が熱くなる」と寂しそうな顔を見せた。

 さらに、與那覇さんの人柄については「私が7歳の時に師範学校に行っているので、思い出はそれほど記憶に残っていないが、スポーツマンで優秀な人だったと聞いている」と話していた。

 毎年欠かさず、「平和の礎」へ参拝に訪れているという西原さんは、「沖縄を担う前途有望な若者たちを戦争で失うようなことは、二度とあってはならない。孫たちにも、平和の尊さを話していきたい」と誓った。

 沖縄戦の犠牲者の名前を刻む「平和の礎」には、今年、新たに宮古島市の6人を含む県内20人、県外9人、国外1人の計30人の名前が追加された。追加刻銘により「平和の礎」に刻まれた名前は、24万1593人となった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!