09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
社会・全般
2020年6月24日(水)8:58

遺族らが祈り捧げる/慰霊の日

糸満市摩文仁「平和の礎」


従兄の名前をなぞり、手を合わせる西原さん親娘=23日、糸満市の平和祈念公園内「平和の礎」

従兄の名前をなぞり、手を合わせる西原さん親娘=23日、糸満市の平和祈念公園内「平和の礎」

 【那覇支社】「慰霊の日」の23日、糸満市摩文仁の平和祈念公園内にある「平和の礎」には、早朝から時折雨が降る中、多くの遺族や親族らが訪れ、平和への祈りをささげた。

 那覇市に住む平良久貝出身の西原トシさん(82)の親娘は、礎に刻まれた従兄の與那覇良光さんの名前をなぞって花を供え、冥福を祈っていた。

 與那覇さんは、旧制県立宮古中学校(現在の県立宮古高等学校)を卒業後に那覇市首里にある沖縄師範学校に進学。沖縄戦で動員され、犠牲となった。

 西原さんは、「亡くなったのは、激戦地だった、ここ糸満市内と知らされている。その場所を確認できないのが、とても残念でならない。教師を目指した本人の無念さを思うと、胸が熱くなる」と寂しそうな顔を見せた。

 さらに、與那覇さんの人柄については「私が7歳の時に師範学校に行っているので、思い出はそれほど記憶に残っていないが、スポーツマンで優秀な人だったと聞いている」と話していた。

 毎年欠かさず、「平和の礎」へ参拝に訪れているという西原さんは、「沖縄を担う前途有望な若者たちを戦争で失うようなことは、二度とあってはならない。孫たちにも、平和の尊さを話していきたい」と誓った。

 沖縄戦の犠牲者の名前を刻む「平和の礎」には、今年、新たに宮古島市の6人を含む県内20人、県外9人、国外1人の計30人の名前が追加された。追加刻銘により「平和の礎」に刻まれた名前は、24万1593人となった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!