10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
教育・文化
2020年7月5日(日)8:58

神酒ささげ五穀豊穣願う/平良西原

伝統行事「フッビューイ」


西原のフッビューイは規模を縮小して開かれた=4日、平良西原

西原のフッビューイは規模を縮小して開かれた=4日、平良西原

 平良西原の伝統行事の一つである「フッビューイ」が4日、ウハルズ御嶽やナイカニ御嶽で執り行われた。ツカサやナナムイ(満48~55歳)の男が御嶽に神酒をささげ、五穀豊穣(ほうじょう)、無病息災、地域の発展などを願った。今年は新型コロナウイルス感染症の全国的な拡大を考慮。規模を縮小して少人数による「オトーリ」なしで開かれた。

 フッビューイは粟の収穫を祝う神事。収穫した粟(現在は米)で神酒をつくり、豊作と住民の健康を祈る。代々のナナムイが受け継いできた。

 ツカサ、ナナムイの男はウハルズ御嶽でニガイ(願い)を行った後、ナイカニ御嶽へ移動した。

 ナイカニ御嶽では神酒を奉納し、ナナムイの1年生らが、先輩たちに酒をつぎ、ナナムイの代表者が流ちょうな方言で口上を述べ、豊作と健康を願った。

 フッビューイは本来なら盛大に行われるが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でツカサ、ナナムイの男、自治会役員、地域の高齢者代表のみで開かれた。

 西原自治会の仲間忠会長は「地域の住民や島外にいる部落出身者などが参加できなかったことは残念だが、規模を縮小して無事に行事を継続できて良かった」と語った。

 ナナムイのメンバーの池間龍也さんは「昔と比べて子供たちの数も少なくなったが、長年続いている行事なのでこれからも次世代へ継承し、守っていきたい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!