10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
産業・経済
2020年7月7日(火)9:00

ホテル 年度内に着工/トゥリバー地区

三菱地所経過説明 23年3月開業変わらず


年度内着工を説明する三菱地所の中島常務(左から2人目)=6日、市役所平良庁舎

年度内着工を説明する三菱地所の中島常務(左から2人目)=6日、市役所平良庁舎

 三菱地所の中島篤常務が6日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、同社が平良港トゥリバー地区で進めるホテル建設について経過を説明した。説明によると新型コロナウイルス感染症の影響で、設計作業が若干遅れているが年度内に着工できる見通しだという。開業は当初計画通り2023年の予定。

 建設は三菱地所が進め、世界的に有名なホテルチェーン「ヒルトン」が運営する。地上8階建て、客室数329室の「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」は立地上の優位性を生かしたリゾート開発で、下地島空港への新たな海外エアラインの誘致も見通す。三菱地所は下地島空港の旅客ターミナルを開発運営している。

 県内で四つのホテルを展開するヒルトンの離島進出は初めて。

 中島常務は「年度内に着工したい。23年3月の開業を目指している。ヒルトンのブランドなので、お客さまに来ていただけるいいリゾートホテルをつくりたい」と話した。新型コロナの影響については「計画通りに進むかは慎重に見ていかなければならないが、2、3年すればインバウンドも少しずつ戻ってくる展開になると考える。長い目で見て、成功できると思っている」と話した。

 計画では、敷地面積が5万4769平方㍍、建物の延べ床面積は2万7983平方㍍。329の客室はツイン、キング、スイートタイプのほか、バリアフリーのルームも備える。共用施設は、レストランやバー、エグゼクティブラウンジ、ミーティングルーム、スパ、フィットネスルーム、プール、ウエディングチャペルなど。

 トゥリバー地区をめぐっては、別の事業者によるホテル建設がたびたび延期になるなど長年の懸案事項だった。三菱地所とヒルトンが開発・運営に乗り出したことで「塩漬け」状態だった同地区がようやく埋め立て当初の方向で動き出す。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!