06/23
2024
Sun
旧暦:5月18日 仏滅 戊 
産業・経済
2020年7月7日(火)9:00

ホテル 年度内に着工/トゥリバー地区

三菱地所経過説明 23年3月開業変わらず


年度内着工を説明する三菱地所の中島常務(左から2人目)=6日、市役所平良庁舎

年度内着工を説明する三菱地所の中島常務(左から2人目)=6日、市役所平良庁舎

 三菱地所の中島篤常務が6日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、同社が平良港トゥリバー地区で進めるホテル建設について経過を説明した。説明によると新型コロナウイルス感染症の影響で、設計作業が若干遅れているが年度内に着工できる見通しだという。開業は当初計画通り2023年の予定。

 建設は三菱地所が進め、世界的に有名なホテルチェーン「ヒルトン」が運営する。地上8階建て、客室数329室の「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」は立地上の優位性を生かしたリゾート開発で、下地島空港への新たな海外エアラインの誘致も見通す。三菱地所は下地島空港の旅客ターミナルを開発運営している。

 県内で四つのホテルを展開するヒルトンの離島進出は初めて。

 中島常務は「年度内に着工したい。23年3月の開業を目指している。ヒルトンのブランドなので、お客さまに来ていただけるいいリゾートホテルをつくりたい」と話した。新型コロナの影響については「計画通りに進むかは慎重に見ていかなければならないが、2、3年すればインバウンドも少しずつ戻ってくる展開になると考える。長い目で見て、成功できると思っている」と話した。

 計画では、敷地面積が5万4769平方㍍、建物の延べ床面積は2万7983平方㍍。329の客室はツイン、キング、スイートタイプのほか、バリアフリーのルームも備える。共用施設は、レストランやバー、エグゼクティブラウンジ、ミーティングルーム、スパ、フィットネスルーム、プール、ウエディングチャペルなど。

 トゥリバー地区をめぐっては、別の事業者によるホテル建設がたびたび延期になるなど長年の懸案事項だった。三菱地所とヒルトンが開発・運営に乗り出したことで「塩漬け」状態だった同地区がようやく埋め立て当初の方向で動き出す。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!