10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
スポーツ
2020年7月25日(土)8:59

岸本(宮総実)が2連覇/県高校総体陸上

8種競技で圧勝


8種競技最終種目の1500メートルで力走する宮総実の岸本隆之輔(中央)。大会連覇を飾った=24日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアム

8種競技最終種目の1500メートルで力走する宮総実の岸本隆之輔(中央)。大会連覇を飾った=24日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアム

 陸上の県高校総合体育大会が23、24の両日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで行われ、男子8種競技で宮古総合実業3年の岸本隆之輔が優勝し、大会連覇を飾った。得点は4953点。目標とした5100点に届かず、「内容は不満」としたが、「秋季大会にも出て必ず目標を達成したい」と前を向いた。

 8種競技は▽100メートル▽走り幅跳び▽砲丸投げ▽400メートル▽110メートルハードル▽やり投げ▽走り高跳び▽1500メートル-。各種目で獲得する点数で順位を争う。

 岸本は100メートル、走り幅跳び、砲丸投げ、110メートルハードル、やり投げ、走り高跳びの6種目で1位を取る圧倒的な強さを見せて大会2連覇を達成した。

 ただ、初日の2種目目に当たる走り幅跳びの試技で左足を負傷。その後の種目の記録に影響が出た。

 競技終了後に岸本は「優勝より、内容が良くないので悔しさの方が大きい」と不満を口にした。「砲丸投げ以外はベスト記録を下回る結果だった。5000点にも届かない今回の結果は全然納得できない」と反省しきりの様子で話した。

 その上で「県の秋季大会にも出ることを決めた。ここでしっかり5100点以上を出す。すべての種目を伸ばすが、特に400メートルと1500メートルに力を入れて取り組みたい」と次戦に向けて明確な課題を挙げた。

 さらに上の目標に据えるのが秋に開かれる全国規模の大会への出場だ。全国インターハイの代替大会の位置付けで、岸本にも出場のチャンスがある。「この大会に出られるように頑張りたい」と意欲を見せた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!