04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2020年9月5日(土)9:00

公園やビーチなど開放/市、緊急事態宣言終了受け

県の緊急事態宣言の終了発表を受け市の方針を発表する下地市長=4日、市役所平良庁舎

県の緊急事態宣言の終了発表を受け市の方針を発表する下地市長=4日、市役所平良庁舎

新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として発出されていた、県独自の緊急事態宣言が予定通り5日をもって終了することを受け、下地敏彦市長は4日、市役所平良庁舎で会見し、閉鎖していたパイナガマビーチや公園などを開放することなど市の方針を発表した上で、「緊急事態宣言は解除されるが、まだ感染流行期であり、気を緩めること無く感染対策をしっかりと行ってほしい」と市民に呼び掛けた。

開放する主な施設はパイナガマ海空すこやか公園、城辺運動公園(野球場含む)、大嶽城址公園、カママ嶺公園(テニスコートなど含む)など。乳幼児健診などは条件付きで実施する。リサイクルセンターへのごみの自己搬入制限は当面の間、継続する。

会見では県の発表を受け、市の対策本部会議を開催し、市の方針を取りまとめたことを報告した。

その中で、「新しい生活様式の実践を行い感染防止に努める」、「密になるような環境での会食や会合はなるべく避け、少人数で行う」、「イベントなどの開催は感染防止対策を徹底した上で開催の検討や規模縮小を判断」、「事業所での各事業種の感染拡大予防ガイドラインの順守」など5項目を求めた。

下地市長は「市では幸いにここ数日は新たな感染者も無く現在、入院中の人もいないが、旧盆期間中の感染防止への取り組みの結果はこれから表れてくる。島外の往来から感染侵入のリスクもあり、まだ予断を許さない状況。気を緩めることなく感染対策をしっかりと行ってほしい」と訴えた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!