01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
環境・エコ
2011年1月20日(木)9:00

オニヒトデ700匹超を駆除/伊良部島「サバ沖」

美ら海連絡協主催で実施


港に戻り駆除したオニヒトデの数を確認する参加者たち=19日、平良港下里船溜まり(布干堂)

港に戻り駆除したオニヒトデの数を確認する参加者たち=19日、平良港下里船溜まり(布干堂)

 宮古島美ら海連絡協議会(会長・小禄貴英宮古島漁協組合長)主催のオニヒトデ駆除が19日、伊良部島北東にあるダイビングポイント「サバ沖」で行われた。同協議会加盟ショップのうち10店舗から各1人のスタッフ計10人が参加し、1日で700匹を超えるオニヒトデを駆除した。


 同協議会では、市からの支援やダイバーから徴収する「美ら海協力金」の一部などを活用し、オニヒトデの異常発生やサンゴ礁被害が確認された海域で継続的な駆除活動を行っている。同ポイントでの駆除は昨年11月からスタートし、今回が4回目。平良港下里船溜まり(布干堂)を午前9時前に出港した参加者は、同ポイントで3回のダイビングを行い、合計734匹のオニヒトデを駆除した。

 参加者の1人でダイビングショップ代表を務める大在家博さんは「駆除数はこれまでとあまり変わっていないが、サイズは昨年の30㌢程度から今回は平均16㌢と小さくなっている。ただ、まだたくさんいて、サンゴの被害も甚大なので、あと数回は駆除が必要」との考えを示した。

 同協議会事務局の狩俣武則事務局長は「駆除はあちこちばらばらにではなく1カ所ずつ徹底的に行っている。池間島周辺にも異常発生したことが確認されたので、そこの駆除実施も決定した。根絶するまで取り組みたい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!