06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
政治・行政 社会・全般
2011年1月29日(土)9:00

鳥インフル拡大などで緊急会議

県危機管理対策本部


仲井真本部長が県民あて周知を徹底するよう指示した対策本部会議=28日、県庁特別会議室

仲井真本部長が県民あて周知を徹底するよう指示した対策本部会議=28日、県庁特別会議室

 【那覇支社】県危機管理対策本部(本部長・仲井真弘多知事)は28日、今年初の緊急会議を開き、県内で感染が拡大する新型インフルエンザや韓国で発生した口蹄疫、宮崎県で深刻な被害をもたらしている高病原性鳥インフルエンザの県対策について協議した。会議では担当部局の現状報告の後、関係部局からの補足説明があり、仲井真本部長は県民あて対策の周知を徹底するよう部局長らに指示した。


 流行を続けるインフルエンザについて、県福祉保健部の宮里達也保健衛生統括監が1月17日~23日までの間、県内58カ所の定点医療機関からの患者報告数が3664人に達し、09年に大流行した新型インフルエンザのピーク時患者数3183人を上回ったことなどを報告。また、27日までに基礎疾患を有する患者2人が死亡したことや8人の重症患者がいることなどを伝えた。


 その上で、感染予防、早期治療を県民に呼び掛け、市町村と連携し低所得者、高齢者に対するワクチン接種費用を助成することなどの対策を報告した。
 県農水部畜産課の赤嶺幸信課長が韓国で発生した口蹄疫により、同国では26日現在、263万頭が殺処分されたことや、県内侵入防止対策として畜舎消毒、靴底消毒を徹底していることなどを報告した。


 さらに、宮崎県の養鶏農家に深刻な被害を与えている鳥インフルエンザの症状などを説明。県内養鶏農家118戸に対して調査実施し異常のないことを確認したことや、今後、期間を定めて家きん飼養施設を緊急消毒することなどを伝えた。県文化環境部は警戒レベルを2に引き上げ、野鳥の会などの協力を得て異常鳥の発見を強化し部局連携することなどを伝えた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!