12/04
2021
Sat
旧暦:11月1日 大安 丙 
産業・経済
2011年2月6日(日)9:00

安心安全な県産品PR/おきなわ花と食フェス開幕

「とうがん」宮国さんに農水大臣賞


農林水産大臣賞を受賞した宮国寿成さんの「とうがん」

農林水産大臣賞を受賞した宮国寿成さんの「とうがん」

 【那覇支社】新鮮で良質な沖縄産農林水産物や加工食品などを紹介する「おきなわ花と食のフェスティバル2011」(主催・同推進本部)が5日午前、那覇市の奥武山運動公園で開幕した。園芸作物野菜品評会で、宮国寿成さん(JA上野支店所属)の「とうがん」が金賞(農林水産大臣賞)を受賞。昨年同様、宮古地区は同部門で金、銀、銅の3賞を独占受賞した。


沖縄総合事務局長賞を受賞した平良廣之さんの「かぼちゃ」

沖縄総合事務局長賞を受賞した平良廣之さんの「かぼちゃ」

 上原良幸副知事、高嶺善伸県議会議長、福井武弘沖縄総合事務局長、推進本部長を務める砂川博紀JAおきなわ理事長らのテープカットで幕を開

けた会場には早朝から多くの県民が訪れ、各種展示コーナーや各種イベント会場を回るなどしてフェスティバルを楽しんでいた。

 地産地消をテーマに「てぃだサンサン、食べたらがんじゅう、沖縄産」をキャッチフレーズにした今フェスティバルでは、「食の安心安全」をテーマにした展示などが目立つ。政府のTPP交渉参加をめぐって、県内では同交渉への参加に反対する県民大会が、先月29日に約5400人を集め開催されたばかり。県産農水物の販路拡大につながる同フェスティバルへの期待がにじみ出ている。

 屋内会場の県立武道館では花き、野菜、果樹品評会の優秀作品を常設展示。開会式の後、上原副知事らは同会場を訪れ、つぶさに県産優秀農作物を見学した。

 宮古地区からの野菜品評会優秀作品は次の通り。(敬称略)
〇とうがん=▽金賞(農水大臣賞)・宮国寿成(所属JA上野)▽銀賞・池間一夫(同JA城辺)▽銅賞・小録ヨシコ(同JA上野)〇かぼちゃ=▽金賞(沖縄総合事務局長賞)・平良廣之(同JA城辺)▽銀賞・下地剛(同JA伊良部)〇たまねぎ=▽銅賞・下地好光(同JA下地)〇メロン=▽銀賞・佐久田寛勇(同JA平良)〇ゴーヤー=▽銀賞・渡真利兼(JA上野)〇ミニトマト=▽銀賞・長濱和彦(宮古島市)


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!