04/17
2024
Wed
旧暦:3月9日 大安 辛 
産業・経済
2010年5月29日(土)16:19

市からの受注が減少/09年度契約金額は8116万円

シルバーセンター人材センター総会

新年度予算などを承認した総会=28日、市中央公民館

新年度予算などを承認した総会=28日、市中央公民館

宮古島市シルバーセンター人材センター(棚原恵照理事長)の通常総会が28日、市中央公民館で開かれた。2009年度収支決算など5議案を原案通り承認。当期は339万円の黒字を計上し、次期繰越額は647万円。棚原理事長は「09年度は市など公共機関からの受注額は約1200万円落ち込んだ。新年度も厳しい状況にある」と述べた。

09年度事業実績は受注件数885件で、契約金額8116万8457円。会員226人に対し、就業実人数149人で就業率は過去10年で最低の65・9%。3人に1人は就業が無かったことが示された。10年度は会員の平等を期すため、ローテーションによる就業に取り組むことを確認した。会員は過去13年で最も多かった。
新年度収支予算額は、収入支出ともに1億165万6000円。前年度に比べ795万円減となっており、これは受託事業収益700万円減の予想と国庫補助金95万円がカットされたことが要因。
10年度事業計画では企画提案型事業に対する国が示した「再チャレンジ支援総合プラン行動」に基づき策定した「沖縄県人材センター事業活性化計画」の目標達成に向け、体制を強化するとしている。
棚原理事長は「米国のリーマンショックに端を発した経済不況の中で、シルバー事業も大きな打撃となり、公共工事での年間継続事業がカットされるなど、就業機会は非常に厳しい。これからも生活リズムに合わせたサービスを行い、社会参加と貢献で頑張ってほしい」と語った。
長濱政治副市長は「健康で日々活力を遂げることが家庭・社会に喜びを与える」と祝辞。県シルバー人材センター連合会の名嘉元甚勝会長(代読)は「地域に密着した活動が、地域に貢献し地域を支える」と述べた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!