06/23
2024
Sun
旧暦:5月17日 先負 丁 
スポーツ
2011年2月20日(日)9:00

琉球、地元勝利飾れず/日本ハンドボールリーグ

トヨタ車体に23-30


ジャンプシュートを放つ、琉球コラソンの高田=19日、宮古島市総合体育館

ジャンプシュートを放つ、琉球コラソンの高田=19日、宮古島市総合体育館

 第35回日本ハンドボールリーグは19日、宮古島市総合体育館で第13週を行った。現在6位の琉球コラソンが同5位のトヨタ車体を迎えて対戦したが、23-30で敗れ、地元勝利はならなかった。日本リーグの宮古島開催は初めて。会場には多くの市民が詰め掛けて、国内トップリーグの力と技術に見入った。


 日本リーグ初の沖縄離島開催は、宮古ハンドボール協会をはじめとする関係者の強い要望があって実現。会場には子どもたちを含めて約1000人(主催者発表)が来場した。

 試合は午後1時30分にスタートした。平均身長182・9㌢のトヨタ車体は高さを生かしたパワープレー、琉球はスピードを重視した巧みなパスワークを見せて次々と加点。両チーム一歩も譲らず前半戦終盤まで互角の戦いを展開したが、終了間際にトヨタ車体が連続得点し、14-11の3点差で折り返した。

 後半に入ると、前半の流れをそのまま持ち込んだトヨタ車体が点差を広げ始めた。琉球は高田匠、兼浜義人がともに前後半で6得点を挙げる活躍を見せたが、危険プレーによる退場が相次ぎ、数の上で不利な状況を強いられて敗戦を喫した。

 琉球の東長濱秀吉監督は「前半終了間際に3点差になったことが大きい。退場の多さも響いた。初めての宮古開催で勝ちたかったんだが」と悔やんだ。それでも「一昨年、昨年と比べるとチームは良くなっている。北陸電力さんとの最終戦には気持ちを切り替えて臨みたい」と話した。

 日本ハンドボールリーグ 国内ハンドボールのトップリーグ。男子は8チームで争っている。予選のレギュラーシリーズは総当たり制で対戦。このリーグ戦の上位4チームが決勝トーナメント(プレーオフ)に進出し、最終順位を決める。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!