05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
社会・全般
2011年2月20日(日)9:00

沖縄と共通文化圏/博物館講座

12~13世紀の宮古


宮古の歴史を熱心に聞き入る参加者ら=19日、市総合博物館

宮古の歴史を熱心に聞き入る参加者ら=19日、市総合博物館

 企画展「宮古人のルーツを探るPart1-12~16世紀の宮古-」の関連講座が19日、市総合博物館で開かれた。同館学芸員の久貝弥嗣さんが「12~16世紀の宮古~遺跡の発掘調査からみる歴史~」、元琉球大学准教授で形質学専門の土肥直美さんが「12~16世紀の遺跡から出土する人骨の特徴」と題して講話した。

 その中で、久貝さんは「宮古は12~16世紀に北方から新たな文化の波及があり、沖縄本島と共通の文化圏に入った」と強調。土肥さんは「宮古からは保存状態の良い先史時代の人骨は見つかっていない。その先史時代人を求めて、3月5日から城辺の浦底遺跡で発掘調査を行う」と語った。来場者らは、祖先に思いを馳せていた。


 久貝さんは「交易ルートからヒト・モノの流れを推察する。宮古では、12世紀以前は無土器時代。12~13世紀に沖縄本島と共通文化に入ったが、宮古は独自の地域性を保った。北からは滑石製石鍋やカムィヤキ(類須恵器、亀焼きとも言う)、白磁玉縁碗が入って来た」と説明した。

 さらに久貝さんは「13~14世紀の遺跡からは野城式土器、耳を持つ鍋形の土器が出土する。また福建省産の白磁も出る」と語った。

 土肥さんは、県内の出土人骨を説明した上で「島尻地区の長墓は、先史時代を研究する上で大きなポイントとなる。12~16世紀の外間遺跡から出土した男女の人骨2体をDNAで分析した結果、男性は北アジアに多いタイプ、女性は沖縄に多いタイプであることが分かった」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!