01/27
2023
Fri
旧暦:1月6日 赤口 乙 
環境・エコ
2010年6月1日(火)15:50

「安心して飲める水PR」/きょうから水道週間 市が関連行事を発表

水道週間にちなんだ行事を発表する下地部長(左)と下地市長(右)ら=31日、市長室

水道週間にちなんだ行事を発表する下地部長(左)と下地市長(右)ら=31日、市長室

 きょう6月1日から7日までは第52回水道週間。下地敏彦市長と下地祥充上下水道部長らは31日、市長室で会見を開き、週間にちなみ実施する水道相談所の開設や施設開放、福嶺学区での給水装置点検サービスなど期間中の行事予定を発表した。

 
 「水道に 寄せる信頼 飲む安心」を標語とする今年の水道週間。宮古島市では、上下水道部が誕生して初めて迎える週間となる。土・日曜日を除く1~7日に水道相談所を上下水道部事務所2階の会議室に開設するほか、袖山浄水場、白川田水源地、白川田貯水池、伊良部浄水場を施設開放し見学希望者を受け付ける。ただし見学には袖山浄水場(電話72・2650)または伊良部浄水場(同78・4961)への事前連絡が必要。
 
 きょう1日はミスティダの小林麻奈美さんを「ミス1日水道」に任命し、市内スーパー前でチラシの配布を実施するほか、期間中、広報車による放送などで市民へ週間をPR。4日には城辺・福嶺学区を中心とした約2300世帯で給水装置点検サービスも実施する。
 
 下地市長は「宮古島の水道水は(市販の)ペットボトルよりおいしいと自負している。安心して飲める良い水であることをPRしていきたい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!