11/29
2021
Mon
旧暦:10月25日 仏滅 辛 
社会・全般
2008年2月9日(土)14:35

裏方さん紹介~ラーメンとポークおにぎりが人気~

選手食堂/上地さん、鈴木さん


選手食堂で働く上地さん(左)と鈴木さん

選手食堂で働く上地さん(左)と鈴木さん


春季キャンプ中は宮古島市民球場のミーティングルームが、選手ら球団関係者専用の食堂に早変わりする。宿舎のホテルブリーズベイマリーナ職員の上地健太さん、鈴木英幸さんら五人が担当している。
食堂には十二―十三品目が並べられ、選手が自由に選べるようになっている。選手に一番人気のメニューはラーメンとポークおにぎり。昼食時間が短いため手早く食事を済ませるという。
調理を担当する上地さんは宮古島市下地出身。キャンプにかかわるのは昨年に続き二回目だ。昨年は選手の食べるスピードに調理が間に合わず焦ることもあったが、今年は余裕を持って応対している。「来年、優勝フラッグを持ち帰ってくることを期待している。日本一を目指して頑張ってください」と話した。
鈴木さんはホール担当で、食事を終えた選手の皿などの後片付けを行っている。今年初めて選手食堂の担当となり、「選手は体が大きく迫力がある。野球にはあまり興味がなかったが、今回を機に見るようにしたい」と笑顔で語った。


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!