05/26
2024
Sun
旧暦:4月19日 仏滅 庚 

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/cnet01/www/miyakomainichi/wp-content/themes/miyako-mainichi2021/single.php on line 90
社会・全般
2008年2月16日(土)15:33

~戦力紹介/グレッグ・ラロッカ内野手~

昨季ベストナイン、27本塁打/堅実な打撃で優勝目指す


フリー打撃で快音を響かせるラロッカ内野手

フリー打撃で快音を響かせるラロッカ内野手


主軸を担うグレッグ・ラロッカ内野手は十四日に一軍キャンプに合流。早速フリー打撃でヒット性の当たりを連発し、順調な調整をアピールした。
パ・リーグ一年目となる昨季は2割8分6厘、27本塁打、79打点と主軸の役割を果たし、オリックスから唯一ベストナイン(三塁手)に選出された。
広島時代には本塁打を記録したが本塁打へのこだわりはない。「強い打球を打つ。本塁打はその延長線」と語る。
死球の多い打者としても知られ、昨季は28個。シーズン最多死球のプロ野球記録を塗り替えた。「怖がらずに打席に立ちたい」と死球を恐れない打撃スタイルを貫く。
今季はカブレラ内野手ら長距離砲が加わり、リーグ一の重量打線になる。「リーグ優勝も狙える。個人的な数字よりチームが勝つこと」と意気込みを語る。
「昨年とやることは変わらない。ヒットを打ち、ランナーをかえすだけ」。堅実な打撃で十二年ぶりの優勝を目指す。
グレッグ・ラロッカ 1972年11月10日生まれ。米国出身。身長181㌢、体重81㌔。右投右打。背番号30。広島―ヤクルト―オリックス。昨季成績は136試合、2割8分6厘、27本塁打、79打点。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!