05/20
2022
Fri
旧暦:4月20日 大安 癸 
社会・全般
2009年2月8日(日)16:11

高島毅内野手

一日一日が勝負


フリー打撃で快音を響かせる高島内野手

フリー打撃で快音を響かせる高島内野手


ドラフト4巡目のルーキー高島毅内野手は、広角に打ち分けられる打撃が持ち味。昨秋の東都大学リーグ戦では3割2分5厘で首位打者を獲得している。
ベストナインにも二度選ばれ、世界選手権大会では全日本代表の主将を務めた。
初のキャンプは二軍スタートとなったが、「チーム内競争」をテーマに掲げる大石監督が連日一、二軍の選手を入れ替えし、アピールするチャンスを得た。
六日の紅白戦では、大学の先輩で2年目の小林から初安打を放った。「一本打ててホッとした。自信になりました」と振り返り、「まだまだこれから。一日一日が勝負だが、楽しんでいきたい」と表情を引き締めた。
高島 毅(たかしま・つよし) 1986年5月29日生まれ。22歳。大阪府出身。身長176㌢、体重78㌔。右投右打。背番号38。大阪桐蔭高―青山学院大―ドラフト4巡目で09年オリックスに入団。


カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!