05/28
2024
Tue
旧暦:4月21日 赤口 壬 
政治・行政
2011年4月7日(木)9:00

羽地さん、沖展で奨励賞/初出展受賞を市長に報告

宮古上布の3分業を担当


沖展で奨励賞を受賞した羽地美由希さん(右から2人目)。同3人目は母の直子さん=6日、市役所平良庁舎

沖展で奨励賞を受賞した羽地美由希さん(右から2人目)。同3人目は母の直子さん=6日、市役所平良庁舎

 工房がじまるの羽地美由希さん(30)が第63回沖展の工芸(織物)部門で奨励賞を受賞した。羽地さんは、5分業の工程がある宮古上布の絣くくり、染め、織りの3分業を自ら担当し、高い評価を得た。羽地さんは「各工程を教えてくれた方々に心から感謝したい」と話した。


 羽地さんは母の直子さんをはじめ、熟練者の下地ミツさん、垣花英好さんらから工程ごとに指導を受けた。

 学んだ成果を今回の作品「南十字星」に込めた。デザインに始まり複雑な作業を要する絣くくり、染め、織りに至るまですべて自分の手で行い、伝統の宮古上布を作り上げた。

 受賞の知らせを聞いたときは「母と一緒に跳び上がって喜びを表現した。同時に今までたくさんのことを教えてくれた方に対する感謝の気持ちでいっぱいになった」と話し、伝統を保持する熟練者に感謝を込めた。今後の抱負については「宮古の草木を使った色絣などいろいろなパターンを作りたい」と話した。

 6日には市役所平良庁舎で下地敏彦市長に受賞を報告。下地市長は「素晴らしい。これからも良いものを織り続けてほしい」などと激励した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!