06/19
2024
Wed
旧暦:5月14日 赤口 甲 
産業・経済
2011年4月15日(金)9:00

野菜・果樹販売額6億8000万円/JA10年度実績

野菜軒並み単価高


高値で推移したゴーヤー(資料写真)

高値で推移したゴーヤー(資料写真)

 JAおきなわ宮古地区営農振興センター農産部が2010年度に取り扱った県外出荷野菜・果樹の販売額は、前年度比3814万円(5%)減の6億8092万円となった。昨年12月から今年2月にかけた全国的な冷え込みの影響で、野菜は軒並み高値。ゴーヤーは前年度比54㌧(12%)の出荷減となったものの高値でカバーし、販売額は同比4%増の1億9651万円となった。


 カボチャやゴーヤー、トウガン、オクラ、インゲンなど県外向け野菜の合計出荷量は1689㌧で、前年度と比べ478㌧(22%)の減少。

 冷え込みに加え、雨や曇天に伴う日照不足が影響した。

 ゴーヤーは寒かった1~2月にかけて、花の付きが少なく生産が落ちた。一方、品薄の影響で2月のキロ単価は1000円にまで上昇した。年間を通した単価は、前年度比76円高の491円となった。

 露地野菜のカボチャは、国産指向も後押ししキロ単価は同比43円高の390円と高値だった。出荷量は同比201㌧(35%)減の373㌧。販売額は1億4575万円(同比27%減)となった。2月末から出荷を予定していたカボチャ(2期作)は、降り続いた雨が花にたまって、受粉困難となり、出荷は4月にずれ込んだ。

 宮古産トウガンの出荷量は県内シェアの8割占め、国内でも有数な産地。安定出荷と高い品質が評価され、価格は安定している。キロ単価は前年度比31円高の196円。出荷量は同比20%減の839㌧となったものの、販売額は1億6483万円と同比5%減にとどまった。

 インゲンは出荷量が26㌧(同比34%増)、金額が3003万円(同比36%増)と、数量、金額ともに前年を上回った。要因に生産農家が前年の26人から34人に増えたことを挙げている。

 マンゴーの出荷量は32㌧(前年度比49%増)、販売額4685万円(同比38%増)となった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!