05/28
2024
Tue
旧暦:4月20日 大安 辛 

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/cnet01/www/miyakomainichi/wp-content/themes/miyako-mainichi2021/single.php on line 90
社会・全般
2007年4月23日(月)17:48

パク(韓国)が2連覇達成

パク(韓国)が2連覇達成/第23回全日本トライアスロン宮古島大会/女子はロス(米国)が初制覇

2連覇を達成し笑顔でゴールテープを切るパク・ビョンフン

2連覇を達成し笑顔でゴールテープを切るパク・ビョンフン

「熱い想い!夢 チャレンジ 宮古島」をテーマに第二十三回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市など)が二十二日、池間島、来間島を含む宮古全域をコースとした総距離200・195㌔で行われ、パク・ビョンフン=韓国=が7時間40分12秒のタイムで昨年に続き二連覇を達成した。女子はレイチェル・ロス=アメリカ=がランで3位から大逆転し8時間44分56秒のタイムで初優勝した。
 
大会には、海外十一カ国・地域と四十七都道府県から千三百九十八人が出場。スイム3㌔、バイク155㌔、ラン42.195㌔のコースで自己の限界に挑んだ。完走者は2260人だった。
 
早朝からどんよりと曇り、雷注意報が出される中、午前七時三十分、下地前浜ビーチでのスイム競技で幕開け。制限時間十四時間内で自己記録への挑戦や完走を目指すなど、それぞれのドラマが繰り広げられた。
沿道では、市民らが「ワイドー、ワイドー(頑張れ、頑張れ)」の声援を送りながら選手たちを後押し。郷土芸能も披露されて交流の輪が広がった。
 
約五千人のボランティアがエイドステーションで飲料水の手渡しやマッサージなどを担当。「世界一安全」といわれる大会を支えた。
宮古島市陸上競技場では、家族や友人などに祝福されながら感動のゴールに飛び込む選手が続いた。最終ゴールの選手には、会場から温かい拍手が送られた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!