08/13
2022
Sat
旧暦:7月16日 仏滅 戊 
産業・経済
2011年4月23日(土)9:00

農家総手取額は74億1900万円/2010-11年産サトウキビ

生産量は32万4000㌧/4年連続で平年上回る


 宮古製糖多良間工場の2010-11年産サトウキビの搬入作業が22日に終了し、宮古4工場すべての原料実績がまとまった。宮古地区全体の生産量は32万4197㌧、品質は全工場で基準糖度に達した。農家総手取額は74億1900万円。生産量、総手取額ともに前期に比べ減少したものの、4年連続で平年の成績を上回った。


 今期の生産量は前期に比べ2万5000㌧少なかった。品質は、前期15度台だった宮古本島内2工場と宮糖伊良部工場が14度台、同多良間工場は13・22度と低糖度だった。品質低下の要因は昨年9、10月に接近した台風を含む気象条件が影響した。

 この結果、農家総手取額は前期に比べて約6億5000万円減少している。ただ、1㌧当たりの農家平均手取額をみると、宮糖多良間工場以外は2万2500円以上の取り引きが行われ、台風被害を受けながらも平年以上の成績となった。

 工場ごとの農家平均手取額は沖縄製糖宮古工場が1㌧当たり2万3337円で総手取り額は31億8369万7000円に達した。平均糖度が14・66度と最も高かったため、手取額も高値だった。今期搬入された原料は13万6431㌧。

 宮糖城辺工場には11万556㌧の原料が搬入され、平均糖度は14・04度。1㌧当たりの農家平均手取額は2万2637円で、総手取額は25億269万3000円となった。

 宮糖伊良部工場の今期原料は5万3318㌧。平均糖度は14・13度で1㌧当たりの農家平均手取額は2万2753円となり、総手取額は12億1315万9000円だった。

 22日に搬入を終えた宮糖多良間工場には2万3892㌧の原料が運び込まれた。平均糖度は13・22度と近年にない低糖度。基準糖度帯以上の原料は22・85%にとどまり、基準内が30・31%、基準以下の原料が全体の46・83%を占める厳しい内容となった。

 同工場によると、台風による塩害被害のみならず、地力の低下なども品質低下の要因に挙げられるという。

 同工場の1㌧当たりの農家平均手取額は2万1751円、総額は5億1967万5000円だった。

 農家の収入は、工場が農家に直接支払う原料代金(1㌧当たり標準額5971円)と国が経営安定対策費として支払う交付金(同1万6320円)で構成されており、品質の高低によって手取額が変動する仕組み。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!