06/24
2024
Mon
旧暦:5月19日 大安 己 
イベント スポーツ
2011年4月24日(日)13:17

グエンベルが他を圧倒/女子は久保田1位、塩野12位

スイム経過/第27回全日本トライアスロン宮古島大会


スイムで圧倒的な力を発揮し1位で砂浜に上がるグエンベル=24日、与那覇前浜ビーチ

スイムで圧倒的な力を発揮し1位で砂浜に上がるグエンベル=24日、与那覇前浜ビーチ

 前回総合優勝のウルフガング・グエンベル(カナダ)が800㍍付近から集団を抜け出した。前回は西内洋行とゴールまで激しいトップ争いを演じ、わずかな差で2位。今回はスタート時から大きな体を生かしたダイナミックなストロークでぐんぐんととばした。


 グエンベルは中間地点の1500㍍を16分、2000㍍を22分10秒で通過。後半は2位集団に約100㍍の大差を付け独走態勢を築いた。

 グエンベルは自己ベストとなる34分46秒でフィニッシュ。コースレコード34分24秒に迫る圧倒的な強さを見せ、2連覇へ好発信。

 第2集団を形成していたアントン・ブロックヒン(ウクライナ)、西内、桑原寛次、前田隼矢、竹内鉄平、ブライアン・フーラー(オーストラリア)の有力選手が、ほとんど差がなく砂浜に上がった。

 女子はスイムを得意とする久保田早紀がトップ。2位遠藤紗希子、3位武友麻衣と国内勢が上位を独占した。5年ぶり女子の優勝を狙う塩野絵美は位だった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!