01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
イベント スポーツ
2011年4月24日(日)13:17

グエンベルが他を圧倒/女子は久保田1位、塩野12位

スイム経過/第27回全日本トライアスロン宮古島大会


スイムで圧倒的な力を発揮し1位で砂浜に上がるグエンベル=24日、与那覇前浜ビーチ

スイムで圧倒的な力を発揮し1位で砂浜に上がるグエンベル=24日、与那覇前浜ビーチ

 前回総合優勝のウルフガング・グエンベル(カナダ)が800㍍付近から集団を抜け出した。前回は西内洋行とゴールまで激しいトップ争いを演じ、わずかな差で2位。今回はスタート時から大きな体を生かしたダイナミックなストロークでぐんぐんととばした。


 グエンベルは中間地点の1500㍍を16分、2000㍍を22分10秒で通過。後半は2位集団に約100㍍の大差を付け独走態勢を築いた。

 グエンベルは自己ベストとなる34分46秒でフィニッシュ。コースレコード34分24秒に迫る圧倒的な強さを見せ、2連覇へ好発信。

 第2集団を形成していたアントン・ブロックヒン(ウクライナ)、西内、桑原寛次、前田隼矢、竹内鉄平、ブライアン・フーラー(オーストラリア)の有力選手が、ほとんど差がなく砂浜に上がった。

 女子はスイムを得意とする久保田早紀がトップ。2位遠藤紗希子、3位武友麻衣と国内勢が上位を独占した。5年ぶり女子の優勝を狙う塩野絵美は位だった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!