06/23
2024
Sun
旧暦:5月17日 先負 丁 
イベント スポーツ
2011年4月24日(日)15:55

河原、10人抜きの快走/女子は塩野が貫禄V

ランレース経過


 【往路】グエンベルをトップに2位益田、3位松丸が平良中心街を抜けて城辺線に出た。5~6㌔付近の通過タイムではグエンベルと益田の差は約3分。この差は城辺比嘉付近まで続いた。

 ランでは3時間を切るのが勝負の分かれ目。6位~10位以内でランに移った菅沼や西内、河原、パクらにも十分に逆転のチャンス。

 益田は徐々にスピードを上げると保良折り返し手前でグエンベルを捉えトップに。3位松丸。

 女子は塩野と松丸がバイクに続きランでも激しいつば競り合いを演じ、いよいよ後半へ。

 【復路】益田は、折り返しを過ぎてから前半のオーバーペースがたたってか失速。グエンベル、松丸、桑原にも抜かれ優勝争いから脱落した。

 30㌔地点では桑原が一気にトップに。8秒差で松丸、1分30秒差で河原。グエンベルは4位に後退した。

 32・5㌔付近(中休み給油所)では①桑原②河原③松丸④西内⑤菅沼―で、日本勢が上位を独占。スイム、バイクを引っ張ったグエンベルはこの時点で力尽きた。

 終盤もペースが落ちなかった河原は、疲れが見えた桑原を抜きトップに立つとそのままゴールイン。11位のランスタートから10人抜きの怒濤の走りだった。2位桑原、3位松丸。

 女子は塩野が追いすがる松丸を振り切って優勝した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!