08/15
2022
Mon
旧暦:7月18日 赤口 庚 
産業・経済 社会・全般
2011年5月21日(土)9:00

契約保証金入らず/マリン社ホテル棟売却

シティー社、融資調整難航


 宮古島市などが出資する第3セクター宮古島マリンターミナル(社長・下地敏彦市長)が所有するホテル棟の売買契約は期限の20日までに、公募入札を落札した宮古島シティーアンドリゾート(西里秀徳社長)から契約保証金の入金が無く契約に至らなかった。宮古島マリンターミナルの垣花義一常務は、今後の対応について「(下地)市長の出張からの帰任を待って判断を仰ぎたい」と話している。


 売買契約は当初予定の4月20日から、1カ月延長されていた。

 垣花常務によると、宮古島シティーアンドリゾートから「金融機関と融資の調整が付かず、断念せざるをえない」と連絡があったという。

 宮古島シティーアンドリゾートの西里社長は本紙の取材に対し「大震災発生後、状況が一変した。何度も事業計画を練り直し、複数の金融機関と融資の調整を続けてきたが、期限に間に合わなかった」と理由を説明。今後については「マリンターミナル社が再度の延長を認めてくれるならば、融資の交渉は続けていきたい」と話している。

 ホテル棟の売却に向けては、当初の最低売却公募額11億8800万円を8億3000万円に下げて再入札したところ、宮古島シティーアンドリゾートと東エンタープライズ(池間稔社長)の2社が応札した。売却交渉相手の第1位には、宮古島シティーアンドリゾートを決定。東エンタープライズは第2位となっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!