05/29
2024
Wed
旧暦:4月22日 先勝 癸 

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/cnet01/www/miyakomainichi/wp-content/themes/miyako-mainichi2021/single.php on line 90
社会・全般
2009年4月20日(月)16:17

全国から14人の聴覚障害者が出場 

「安心して走れました」50人の手話ボランティアがサポート

全国から14人の聴覚障害者が出場 50人の手話ボランティアがサポート

全国から14人の聴覚障害者が出場 50人の手話ボランティアがサポート

 九回大会に本土から二人の聴覚障害者が出場した。当時地元で活動していた手話サークル「がじゅまるの会」が手話ボランティアをかって出たことがきっかけとなった。その後、毎年障害の壁を乗り越えた交流の輪が広がっている。今年も全国から十四人が出場、宮古島手話関係団体連絡会(竹井大会長)は五十人を動員して手話ボランティアに当たった。
 
 黒いTシャツの背中には大きく「手話」の白文字。今年から手話通訳のボランティアを行うことになった宮古島手話関係団体連絡会のメンバーは各エイドステーションに張り付き、ゼッケンナンバーを確認しながら選手をサポートした。制限時間ぎりぎりで総合グラウンドに入ってきた東京出身の一条厚さんと妻の陽子さんを確認して、ゴールでは歓声が沸き上がった。十二人が完走した。
 最初、ゴールに飛び込んで来たのは兵庫県出身の赤川洋さん。宮城育子さんの通訳で次のように感想を伝えた。「水泳は得意で問題なかったが、バイクでは風が強く大変だった。ランの時は各ステーションに手話サークルの皆さんが待機していてくれたので安心して走れた。このことは、全国にアピールした方が良いと思う」と話し、宮古大会を絶賛した。
 
 完走したのは、海谷孝紀=山形=、澤和信二=千葉=、尾坂雅康=千葉=、華山陽子=千葉=、森田康二=千葉=、一条厚=東京=、宮田大=東京=、荒井豊=神奈川=、日野圭子=大阪=、赤川洋=兵庫=、小倉鉄郎=大分=、岩本知明=沖縄=。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!