04/20
2024
Sat
旧暦:3月12日 友引 甲 
社会・全般
2011年6月24日(金)9:00

感染症対策活動を報告/宮国さん

JICA青年海外協力隊 バングラデシュから帰国


宮国康弘さん

宮国康弘さん

 【東京支社】国際協力機構(JICA)青年海外協力隊などの帰国ボランティア報告会が22日、東京都内のJICA地球ひろばで行われた。21日に帰国したばかりの約180人のボランティアを代表して、宮国康弘さん(25)=平良久松=が、バングラデシュにおける2年間の感染症対策活動を報告した。山花郁夫外務大臣政務官からの感謝状授与もあった。


 宮国さんが開発途上国でボランティア活動をしようと決めたのは、ラオスを訪問した20歳の時。「バングラデシュはバスも古く、人口密度も高く環境に慣れるまで大変だったが、自分を見つめ直す時間もあった」という。今後は「宮古島の発展はもちろん、語学をもっと学び世界的な視野に立った仕事をしてみたい」と抱負を語った。

 宮国さんは2009年6月にバングラデシュに渡航。2年間、伝染病のフィラリア撲滅を目指し活動を続けた。

 JICAボランティア事業 日本政府のODA予算で実施する事業で、開発途上国からの要請に基づき、それに見合った技術・知識・経験を持つ人を選考して派遣する。中でも青年海外協力隊は45年の長い歴史持ち、これまでに延べ3万4000人を超える人が参加している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!