01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
社会・全般
2011年7月14日(木)9:00

申請、報告方法など説明/道路ボランティア団体に

県の助成金や各種事業についての説明を受ける関係者ら=13日、宮古林業総合センター

県の助成金や各種事業についての説明を受ける関係者ら=13日、宮古林業総合センター

 宮古地区道路植栽樹木管理説明会が13日、宮古林業総合センターで行われた。県道や国道の管理活動を行う道路ボランティア団体の関係者らが参加。申請書や報告書の書き方や県の助成金交付などについて担当者から説明を受けた。


 道路ボランティア団体は、県道、国道の植栽樹木管理を恒常的、継続的に実施する。団体結成には5人以上が条件となっている。

 宮古では、昨年33団体、約500人が道路の美化活動を行った。

 県からの助成金は管理道路の規模で異なり、1団体の年間助成金は、2万5000~5万円。団体には傷害保険も適用されている。

 宮古地区は県内でもボランティア団体数が少なく、活動人数も高齢化が進んでいることから、県では新たな団体結成と積極的なボランティア参加を呼び掛けている。宮古土木事務所の平良和雄所長は「県全体では254団体約6000人のボランティアが道路の美化活動を展開している。宮古は団体数が伸び悩んでいるが、今後はもっと若い人たちが参加するような取り組みを展開していきたい」と述べた。

 県の助成金の説明のほかに、苗を無料で各団体に配布するグリーンコミュニティー支援事業や花いっぱい推進事業の内容についての説明も行われた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!