04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
産業・経済
2011年7月14日(木)9:00

補助事業に知識深める/新規就農サポート講座

補助事業などについて学ぶ参加者ら=13日、宮古農村青少年教育センター

補助事業などについて学ぶ参加者ら=13日、宮古農村青少年教育センター

 新規就農者の早期の経営確立と認定農業者への誘導を図ることを目的とした宮古地区新規就農サポート講座(主催・宮古地区農でグッジョブ推進会議、宮古農林水産振興センター)の第2回講座が13日、宮古農村青少年教育センターで開かれた。20人余が参加し、補助事業などについて知識を深めた。


 宮古地域の農業就業人口は、1995年は9129人だったが、2010年には6014人に減少。15年で3115人減った。また10年の農業就業人口に占める60歳以上の割合は75%で、農業従事者の高齢化が著しく進行している。

 講座は、12月7日の閉講式までに全7回を予定している。期間中、サトウキビ栽培や野菜栽培管理、果樹栽培の基礎知識などを習得する。

 この日は、市農政課長補佐の池間隆男さんが「宮古島市の補助事業について」、市農業委員会係長の仲間毅さんが「農業委員会は何するところ?」、宮古農林水産振興センターの仲眞和枝さんが「各種農業関係資金制度について」と題して講話した。

 このうち、耕作放棄地を再生利用した場合の交付金は、再生利用(耕作放棄地の刈り取り・抜根・整地などの作業)で、再生費が10㌃当たり6万円を超え10万円以下の場合は、10㌃当たり3万円。再生費が10㌃当たり10万円を超える場合は、10㌃当たり5万円。また荒れ方がひどく、重機などで再生する場合は、再生費の3分の2相当額が交付されることなどが説明された


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!