04/19
2024
Fri
旧暦:3月11日 先勝 癸 穀雨
環境・エコ
2011年8月3日(水)9:00

汚泥からメタンガス抽出/発電利用へ新展望

市浄水管理センター 実証プラントが完成


下地市長に亜臨界水処理実証プラントの事業概要が説明された=2日、市浄水管理センター

下地市長に亜臨界水処理実証プラントの事業概要が説明された=2日、市浄水管理センター

 財団法人・南西地域産業活性化センターなどが建設した「亜臨界水処理によるメタン発酵実証プラント」が市浄水管理センター内に完成し2日、下地敏彦市長らを招いてお披露目した。下水汚泥を高温・高圧の熱水(亜臨界水)で微細化し、メタン発酵をしやすくする装置。生成したメタンは発電に利用が可能で、見過ごされてきた汚泥の有効利用に展望が開けた。


 市上下水道部によると、浄水管理センターの年間の電気料金は1700万円余に上る。

 下地市長は、プラントが実用化された場合のメリットとして①センター内電気料金の低減②臭気と水分が取れた発酵汚泥残さの堆肥化を挙げた。その上で「環境モデル都市にふさわしいプラントになり得る」と期待した。

 実証プラントは、活性化センターと日陽エンジニアリング(本社埼玉県、古山富夫社長)などが共同で設置した。

 実証試験の期間は、1年間で①単位汚泥当たりのメタン発酵量②発電可能量②システムの稼働状況-などを調査する。

 同プラントでは水の温度・圧力を160度・5気圧に上げ、亜臨界水処理をしている。同処理は、有機物を単糖類やアミノ酸類などに分解し、メタン発酵をしやすくするのが特徴。同処理によるメタン発酵菌の消化率は80%と従来の50~60%と比べて高く、メタンを取り出すまでの期間も「30~45日」から「15~20日」に短縮されるという。

 亜臨界水処理実証事業は、エネルギーの地産地消を目指す事業に位置付けている。日陽エンジニアリングによると、亜臨界水処理技術は、牛ふんやバガスなどにも活用できるなど応用範囲は広い。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!