06/12
2024
Wed
旧暦:5月7日 大安 丁 
社会・全般
2011年8月13日(土)9:00

512柱のみ霊に哀悼の意/宮古南静園慰霊祭

ハンセン病法律の理念実現を


512柱のみ霊を慰めて献花する参列者=12日、宮古南静園納骨堂

512柱のみ霊を慰めて献花する参列者=12日、宮古南静園納骨堂

 宮古南静園(新城日出郎園長)の慰霊祭が12日、同園の納骨堂で行われた。入所者や園の職員ほか関係者多数が参列し、同園で死去した512柱のみ霊に深い哀悼の意をささげた。新城園長は「ハンセン病問題の解決促進に関する法律の理念の実現に向け、あらゆる努力をする」と述べた。


 慰霊祭は午前10時30分から行われた。参列者は全員で黙とうをささげた後、祭壇に花を供えて512柱と国の強制堕胎で生まれることができなかった水子のみ霊の冥福を祈った。

 新城園長は「512柱のみ霊に哀悼の意を表すとともに、この世に日の目を見ることがなかった水子のみ霊に安らかなお守りがあらんことを祈る」と述べた。

 その上で「らい予防法の廃止と国賠訴訟はハンセン病の問題を広く国民に知らしめた。これによって国の政策の過ちが認められているが、私たちは入所者の高齢化に伴う問題など新しい問題を抱えている」などとハンセン病問題の根深さを指摘し、2009年に施行されたハンセン病問題の解決の促進に関する法律の理念実現を誓った。

 同法律の基本理念には▽ハンセン病問題に関する施策は、ハンセン病による被害を可能な限り回復することを旨として行う▽入所者が地域社会から孤立することなく、安心して豊かな生活を営むことができるよう配慮する▽ハンセン病に関する差別、権利利益を侵害する行為をしてはならない-が掲げられている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!