08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
産業・経済
2011年8月18日(木)9:00

10年度共済金は1億2800万円/宮古郡農業共済組合

支払率1・23倍の事業成果


10年度農業共済事業の実績報告が行われた推進協議会=17日、JA宮古地区機械化営農センター

10年度農業共済事業の実績報告が行われた推進協議会=17日、JA宮古地区機械化営農センター

 宮古郡農業共済組合の2010年度事業実績がこのほどまとまった。農家が負担した1億435万3000円の掛け金に対し組合員に支払われた共済金は1億2886万3000円で支払率は1・23倍だった。1972年度から39年間の累計は農家掛け金が36億1686万3000円、組合員に支払った共済金は69億1724万9000円で支払率は1・91倍。組合員の災害補償の面で着実な成果を挙げている。


 同組合の10年度事業実績は17日の農業共済事業推進協議会で示された。行政機関をはじめ関係団体の代表が出席し、実績と今後の課題を確認した。

 協議会では家畜共済、サトウキビ共済、園芸施設共済、建物共済ごとに実績と事業計画の報告があった。

 家畜共済の実績は、農家掛け金4800万円に対して組合員への支払共済金が1億1900万円、サトウキビ共済は掛け金3800万円に対し組合員への支払共済金は380万円、園芸施設共済は掛け金1100万円に対し組合員への支払共済金530万円だった。建物共済の掛け金は690万円で支払金はゼロ。

 各共済への加入状況(引受率)を見ると、家畜共済が71・5%で最多、サトウキビ共済は39・1%、園芸施設共済は30・4%、建物共済は27%となっている。

 最も生産量が多いサトウキビ共済の加入の低さは大きな課題。協議会では「有資格加入率50%」を計画に盛り込んだ上で▽原料区ごとに具体的な計画と目標値を設定▽制度の理解を深める▽関係団体職員に対する推進の強化-を展開する。

 家畜共済も加入を拡大するために▽未加入農家台帳の整備▽有資格農家に対する周知徹底▽農家負担掛け金の軽減を図るための要請行動-を実施していく。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!