06/24
2024
Mon
旧暦:5月19日 大安 己 
教育・文化 社会・全般
2011年8月31日(水)9:00

77歳で新人賞に合格/初挑戦の上里恵光さん

琉球古典芸能コンクール


新人賞に合格し歌・三線を披露する上里恵光さん=30日、城辺下里添の自宅

新人賞に合格し歌・三線を披露する上里恵光さん=30日、城辺下里添の自宅

 第46回琉球古典芸能コンクール(主催・琉球新報社)がこのほど行われ、三線・野村流新人部門に初挑戦した上里恵光さん(77)=城辺下里添=が見事合格し、宮古で古典芸能で活躍する関係者らから祝福を受けている。上里さんは「舞台姿を孫たちに見せるために参加した。孫たちが一番喜んでいたのでうれしかった」と話した。


 コンクールは、琉球古典芸能の保存・継承と後継者養成が目的。166人が受験し、120人が合格した。合格率72・3%。
 上里さんは、今年で三線歴50年。20代の時、自宅向かいの家で大人数人が毎日のように歌・三線で「かぎやで風節」や「恩納節」などを響かせていた。それに感動したのがきっかけで、三線の世界に入った。


 上里さんは「戦後『三味線工工四上巻』の本を手に入れ、夜は石油ランプの下で工工四を見ながら三線を弾いた」と懐かしむ。
 昨年8月、野村流伝統音楽協会与那覇寛仁研究所に入門。今年2月、同協会波平重夫研究所に指導が委任され、門下生として再出発した。


 コンクールでは課題曲の一つ「伊野波節」を三線の伴奏に合わせて伸び伸びと歌い上げた。
 上里さんは「合格者が紙に張り出された時、自分の名前を見つけ『やった』と歓声を上げた。3年後には優秀部門にチャレンジしたい」と意欲を見せた。
 波平教師は「人生の大先輩が初挑戦で新人賞に合格したのは、すごい。さらなる精進に期待する」とたたえた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!