04/16
2024
Tue
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
環境・エコ 社会・全般
2011年10月10日(月)9:00

親子でマングローブ植樹/宮古島環境クラブ

与那覇湾に苗木120本


下地さん(右)のレクチャーを受け、親子でマングローブの植樹を行った=9日、与那覇湾サニツ浜東海岸

下地さん(右)のレクチャーを受け、親子でマングローブの植樹を行った=9日、与那覇湾サニツ浜東海岸

 宮古島環境クラブ(下地邦輝会長)主催のマングローブ植樹が9日、下地与那覇湾のサニツ浜東海岸で行われ、平良第一小学校の5年生の児童、保護者ら146人が参加した。児童と保護者は下地会長からマングローブの働きについて、簡単なレクチャーを受けた後、シャベルやスコップを手にオヒルギ、ヤエヤマヒルギ、ヒルギダマシの苗木計120本を植樹した。


 植樹活動は、同校5年の総合学習教育の一環として行われ、PTA5学年会長の大村智美さんらが積極的に働き掛け、保護者ともに参加し行うことになった。

 植樹活動について、同校の横田恵子教諭は「環境教育の授業として行ったが、地域の環境を守ろうという取り組みに対し保護者がとても熱心で、親子そろっての植樹活動となった」と説明した。

 下地会長は「沖縄本島の漫湖では、人工的に植樹したマングローブの間引きが行われているが、与那覇湾と漫湖の環境形態はまったく異なる。表層河川から土砂が流入することのない与那覇湾では、水鳥飛来地保護としての役割をマングローブが果たしてくれる」と説明した。

 同会では地域の児童生徒に対して、環境保護活動に対する講話、観察、実践活動の三つを行っている。下地会長は「学校で行う環境学習と結びつけて、同様の実践活動を地域の体験プログラムとして定着させたい」と話していた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!