07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
イベント
2011年10月10日(月)1:14

子孫繁栄と豊作祈願/来間島「ヤーマスプナカ」

 下地来間島の伝統行事ヤーマスプナカが6、7の2日間、にぎやかに行われた。初日は3兄弟の家元で子孫繁栄を祈願する「サラピャース」と「マスムイ」の儀礼が行われ、島民が生後1年未満の子どもの誕生を祝い神酒を回し飲んだ。2日目は、五穀豊穣を祈願するパレードが集落内で行われ、男性は棒振り、女性たちは奉納踊りを繰り広げた。郷友や観光客らも大勢訪れ、島は祭り一色に包まれた。2日間の行事の様子を写真で紹介する。


角が二つ、足が四つ付いた祝い皿(ツヌザラ)に神酒を注いで住民に振る舞う「ヤーマスプナカ=6日

角が二つ、足が四つ付いた祝い皿(ツヌザラ)に神酒を注いで住民に振る舞う「ヤーマスプナカ=6日


島民たちが子孫繁栄を祈願し神酒を回し飲む「ヤーマスプナカ」=6日

島民たちが子孫繁栄を祈願し神酒を回し飲む「ヤーマスプナカ」=6日


角が二つ、足が四つ付いた祝い皿(ツヌザラ)に神酒を注いで住民に振る舞う「ヤーマスプナカ=6日

角が二つ、足が四つ付いた祝い皿(ツヌザラ)に神酒を注いで住民に振る舞う「ヤーマスプナカ=6日


神詩を歌い島の繁栄を祈願するお年寄りら=6日

神詩を歌い島の繁栄を祈願するお年寄りら=6日


長男家「スムリャーブナカ」を先頭に二男家「ウプヤーブナカ」、三男家「ヤーマスヤーブナカ」の三家の親族らが棒振りを披露しながら集落内を練り歩いたパレード=7日

長男家「スムリャーブナカ」を先頭に二男家「ウプヤーブナカ」、三男家「ヤーマスヤーブナカ」の三家の親族らが棒振りを披露しながら集落内を練り歩いたパレード=7日

生後間もない子どもを抱きほほ笑みを交わすお年寄り=6日

生後間もない子どもを抱きほほ笑みを交わすお年寄り=6日

五穀豊穣を願い笑顔で棒振りを披露する男性=7日

五穀豊穣を願い笑顔で棒振りを披露する男性=7日


手拍子に合わせて「雨ごい座で」踊りを奉納する男女=7日

手拍子に合わせて「雨ごい座で」踊りを奉納する男女=7日


そろいの着物を着て優雅な踊りを披露しながらパレードする女性たち=7日

そろいの着物を着て優雅な踊りを披露しながらパレードする女性たち=7日


沿道ではお年寄りたちも大きな声援=7日

沿道ではお年寄りたちも大きな声援=7日


棒振りで「ヒーヤサッサ」と勇ましい声を張り上げ祭りを盛り上げる男たち=7日

棒振りで「ヒーヤサッサ」と勇ましい声を張り上げ祭りを盛り上げる男たち=7日


笑顔を振りまきながら踊りを披露する女性=7日

笑顔を振りまきながら踊りを披露する女性=7日


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!