07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
産業・経済
2011年10月19日(水)9:00

みやこパラダイス閉園へ/上野字野原

来月末、16年の歴史に幕


11月末での閉園を発表した西里社長(右)=18日、宮古パラダイス

11月末での閉園を発表した西里社長(右)=18日、宮古パラダイス

 パラダイスプランの西里長治社長は18日、同社が運営する市上野字野原の「みやこパラダイス」を11月末で閉園することを発表した。1995年の7月に旧上野村のトロピカルフルーツパーク内で開園し、蝶々園や土産品店、レストランを設置して観光スポットとして人気を博した同施設も最近の来園者数の大幅な落ち込みなどが影響して16年の歴史に幕を閉じることとなった。



16年の歴史に幕を下ろすこととなった「みやこパラダイス」

16年の歴史に幕を下ろすこととなった「みやこパラダイス」

 会見で西里社長は「多くの市民に愛されてこれまで営業することができた。本当に感謝している。最近は売り上げも来園者数も落ち込んでいたので来月をもって閉園することを9月末の取締役会で決定した。感謝の意味を込めて11月は入園料を無料にしたい」と述べた。

 同パーク内で同社が運営管理するのは土産品店と蝶々園とレストラン。すでにレストランは4月に閉鎖し、現在は菓子工場として活用している。

 土産品店と蝶々園が11月末で営業停止となり、今後の施設活用などについては「白紙」と説明した。

 売り上げは、2006年のピーク時で約1億500万円。昨年は約1億円に落ち込み、ピーク時は7万人いた来園者も昨年は5万5000人となっていた。

 西里社長は「みやこパラダイスは閉園するが宮古島の観光や産業に対する私たちの役割と責任は感じている。今後、新たな観光施設を来年の夏以降に立ち上げる予定。内容がまとまり次第発表したい」と述べた。

 現在、みやこパラダイスには同社の社員5人が勤務しており閉園後について、西里社長は「別部署で勤務することとなり、解雇などはない」と説明した。  

 同パーク内への入場はこれまで通り可能で、芝生公園などは利用できる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!