04/19
2024
Fri
旧暦:3月11日 先勝 癸 穀雨
環境・エコ
2011年10月23日(日)9:00

国の特別保護区に指定へ/与那覇湾

ラムサール登録に前進


 下地与那覇湾が国の特別保護地区に指定されることが22日までに分かった。11月1日に環境省が水面部分約700㌶(図参照。久松、川満両漁港内を除く斜線部分)を指定する。この指定で与那覇湾の特別保護地区は2012年5月にルーマニアで予定されている「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」(ラムサール条約)の締約国会議で同条約への登録に大きく前進した。

 中央環境審議会野生生物部会(山岸哲部会長)が9月8日に与那覇湾とその周辺、池間島全域を国指定の鳥獣保護区にすべきとの答申を出した。ラムサール条約への登録は、国指定の特別保護地区であることが条件となっている。

 与那覇湾とその周辺の鳥獣保護区および特別保護地区と、池間島全域の指定存続期間は11月1日から31年10月31日までの20年。

 与那覇湾の鳥獣保護区の面積は特別保護地区の704㌶を含む1366㌶。池間島は全域が保護区に編入される。

 環境省は2009年2月からラムサール条約湿地潜在候補の選定をはじめ同年9月に潜在候補地を公表した。那覇自然環境事務所は11年1月に市のみどり推進課をはじめ、観光課、エコアイランド推進課など関係課に対する説明会を開いた。

 宮古島市は7月6~19日までの2週間、与那覇湾、池間島の鳥獣保護区指定について公告の縦覧を行った。この縦覧期間中に指定に反対する意見は寄せられず、下地敏彦市長は7月29日、江田五月前環境相あてに、与那覇湾とその周辺、池間島の鳥獣保護区指定について賛意を示す文書を送付した。

 8月10日に両地区の保護区指定に関する公聴会が開かれた。出席した市、漁協、観光協会など関係団体の代表から反対意見はなく、全員が賛成した。

 ラムサール条約登録候補地選定で、与那覇湾は環境省のモニタリングサイト1000のシギチドリ類調査で、過去5年のうち3年以上メダイチドリ(チドリ科)の個体数の1%以上を定期的に支えているとの国際基準を満たした。

 ラムサール条約 1971年にイランのラムサールで開催された「湿地及び水鳥の保全のための国際会議」で「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」が採択された。開催地にちなみ「ラムサール条約」と呼ばれる。日本は80年に締約国になった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!