02/03
2023
Fri
旧暦:1月13日 先勝 壬 
政治・行政
2011年10月29日(土)9:00

景観計画ガイドライン 最終案まとまる

策定委員会 審議会で提案、協議へ


景観計画ガイドライン案の最終審議を行う委員たち=28日、市役所平良庁舎

景観計画ガイドライン案の最終審議を行う委員たち=28日、市役所平良庁舎

 宮古島市景観計画ガイドライン(案)策定検討委員会(委員長・池田孝之琉球大学名誉教授)の第3回委員会が28日、市役所平良庁舎で開かれた。今回が最終となる委員会で、前回までに出された委員意見を受け、修正された部分などを確認、委員会としての最終案をまとめた。同案は今後設置される景観計画審議会で審議する原案となる。



 景観計画を運用する際、景観形成基準を解釈する上での参考とされる景観計画ガイドライン。景観計画では市を▽市街地▽農地・集落▽海岸地域▽拠点・幹線軸-の四つの景観形成ゾーンに区分し、各ゾーンごとに建築物や工作物、開発行為の規模などを規定。そのうち高さ規制は、市街地ゾーンを15㍍、農地・集落と拠点・幹線軸は12㍍、海岸地域では7㍍までと設定しているが、ガイドライン案では敷地内や建築物を緑化したり周辺景観と調和し、眺望を妨げない配慮などがされている場合は柔軟な対応ができるよう記している。

 建築物の色についても、色相や彩度などで具体的数値を設定。建設、開発行為を計画する際に行わなければならない手続きの一連の流れを図で示しているほか、緑化を行う場合の宮古島に適した樹木の例なども具体的に挙げて紹介している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!