05/29
2024
Wed
旧暦:4月22日 先勝 癸 
政治・行政
2011年10月29日(土)9:00

景観計画ガイドライン 最終案まとまる

策定委員会 審議会で提案、協議へ


景観計画ガイドライン案の最終審議を行う委員たち=28日、市役所平良庁舎

景観計画ガイドライン案の最終審議を行う委員たち=28日、市役所平良庁舎

 宮古島市景観計画ガイドライン(案)策定検討委員会(委員長・池田孝之琉球大学名誉教授)の第3回委員会が28日、市役所平良庁舎で開かれた。今回が最終となる委員会で、前回までに出された委員意見を受け、修正された部分などを確認、委員会としての最終案をまとめた。同案は今後設置される景観計画審議会で審議する原案となる。



 景観計画を運用する際、景観形成基準を解釈する上での参考とされる景観計画ガイドライン。景観計画では市を▽市街地▽農地・集落▽海岸地域▽拠点・幹線軸-の四つの景観形成ゾーンに区分し、各ゾーンごとに建築物や工作物、開発行為の規模などを規定。そのうち高さ規制は、市街地ゾーンを15㍍、農地・集落と拠点・幹線軸は12㍍、海岸地域では7㍍までと設定しているが、ガイドライン案では敷地内や建築物を緑化したり周辺景観と調和し、眺望を妨げない配慮などがされている場合は柔軟な対応ができるよう記している。

 建築物の色についても、色相や彩度などで具体的数値を設定。建設、開発行為を計画する際に行わなければならない手続きの一連の流れを図で示しているほか、緑化を行う場合の宮古島に適した樹木の例なども具体的に挙げて紹介している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!