04/17
2024
Wed
旧暦:3月9日 大安 辛 
教育・文化
2011年12月2日(金)9:00

思いやりの心はぐくむ/佐良浜小

「人権の花」開花式


元気よく合唱する子どもたち=佐良浜小学校の体育館

元気よく合唱する子どもたち=佐良浜小学校の体育館

 花の栽培を通して児童140人の情操教育と命の大切さ、思いやりの心を育てる「人権の花」開花式が1日、佐良浜小学校(砂川栄作校長)で行われた。

 校内には、10月14日にマリーゴールド、サルビア、インパチェンスの苗計300本が植え付けられた。以来、子どもたちは水をかけ、愛情を込めて育てた。黄色やオレンジ色などかれんな花を咲かせている。開花式では、満開のマリーゴールドなどが飾られ、明るい雰囲気を演出していた。

 下地敏彦市長(代読)は「大変きれいな花が咲いている。これからも命の大切さや思いやりの花を咲かせてください」と述べ、砂川校長に感謝状を贈った。

 砂川校長は「人権の花に優しい心で水をかけ、声をかけて育ててきた。それで校内にはきれいな花がいっぱい」と語り、子供たちの感想文を披露した。

 児童を代表して石川雄大君は「人権の花に毎日水をかけると、どんどん大きくなって花を咲かせた。『やった』と思った。人間と同じように植物も生きていると思った。これからも植物を大事に育てたい」と話した。

 全員で「世界が一つになるまでに」を合唱。この後、宮古島人権擁護委員協議会の神里清春会長ら8人が、プロジェクターを使って基本的人権尊重などを教えた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!