01/27
2023
Fri
旧暦:1月6日 赤口 乙 
環境・エコ 産業・経済
2011年12月17日(土)9:00

E3車2台をテスト走行/沖縄コカ・コーラ

取り組みを市長へ報告


下地市長(右)に環境への取り組みについて報告する(左から)仲地部長、外間課長、CSR推進室広報環境課の比嘉まなみ氏=15日、市長室

下地市長(右)に環境への取り組みについて報告する(左から)仲地部長、外間課長、CSR推進室広報環境課の比嘉まなみ氏=15日、市長室

 沖縄コカ・コーラボトリング(本社・浦添市、髙橋俊夫社長)チェーンストア営業部の仲地弘吉部長とCSR推進室広報環境課の外間元課長らが15日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、同社が宮古島での環境への取り組みとして、代理店の車2台をバイオエタノール3%混合ガソリンであるE3で走行させるテストを10月から実施していることを報告した。


 同社は2006年から沖縄本島で植樹・育樹活動を継続的に取り組んでいて、環境活動を離島でも行いたいとの考えから今回のテスト走行が実施されることとなった。市長室を訪れた外間課長が、りゅうせきの協力を得て、同社宮古島代理店のさど山商会の商品運搬車2台でE3燃料によるテスト走行を10月からスタートさせたことを報告。「宮古島が地産地消の循環型社会の形成につながるよう微力ながら企業として手伝っていきたい」との思いを述べた。

 また同日、コカ・コーラ環境教育賞で昨年、全国1位の大賞を受賞した宮古総合実業高校に、教育助成金を寄贈したことも併せて報告した。

 下地市長は「環境を大切にする取り組みはとてもありがたい。市としても環境への取り組みは一生懸命にやっていくので、今後とも協力をお願いしたい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!