04/14
2024
Sun
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2011年12月28日(水)9:00

震災被災者を激励/商工会議所

17世帯に「応援シール」収益金贈る


下地会頭から被災者家族の世帯主一人一人に義援金が手渡された=27日、宮古島商工会議所

下地会頭から被災者家族の世帯主一人一人に義援金が手渡された=27日、宮古島商工会議所

 宮古島商工会議所(下地義治会頭)は27日、東日本大震災の復興応援「みーやシール」の収益金(商品券)を宮古島市に避難している17世帯に配分した。シールは1枚5円で、会議所の会員らに10万枚を完売。下地会頭は「餅代ぐらいにしかならないが、足しにして良い正月を迎えてください」と激励した。


 商工会議所は被災者応援の第一弾として、10万枚(50万円分)を印刷し4月に販売を開始した。購入した会員らは牛乳や弁当などの自社製品に貼り販売。店頭のポスターには「普段のお買い物が、東日本大震災被災地の復興支援につながります」と書き、協力を呼び掛けた。シール販売は、来年3月まで続ける。

 被災者を代表してあいさつした鎌田昭三さんは、「地震、津波は未曾有の災害に余る大震災だった」と「3月11日」を振り返った。福島原発から17㌔地点に自宅がある鎌田さんの場合は、放射能汚染のために自宅に戻れないという最悪のケース。看護師の仕事の関係で、患者と一緒に雪の中をあちこち移動し、一段落後、やっとの思いで宮古島にたどり着いたという。

 鎌田さんは「義援金は正月を楽しく過ごすために大切に使いたい」と感謝した。

 塩谷かず江さんは先月、兄夫婦を頼って子ども3人と来島した。「宮古は人も気候もあたたかい」と感想。小学3年生の女の子は、まだ島の生活に慣れず毎晩、福島の父に泣きながら電話しているという。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!