08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
教育・文化
2011年1月1日(土)9:03

農業の楽しさ、難しさ実感/上野中「教育ファーム」

食育指定校を機にスタート/生徒らが野菜栽培


除草作業を行う生徒ら

除草作業を行う生徒ら

 上野中学校(島袋正彦校長)では、自然の恩恵や食に関わる人々の活動への理解を目的に学校裏の畑を借り上げ、「教育ファーム」と名付け、生徒らが野菜栽培に取り組んでいる。台風や干ばつ、害虫の被害を受けるなど、自然を相手にする農業の難しさを実感しながら収穫を目指し、汗を流している。


 教育ファームは2009年から2年間、県と市の教育委員会から「食生活に関する教育実践校」の指定を受け、実践の充実を図るためにスタートした。同指定は終了しているが、農作業体験は継続している。

 運営にはJAおきなわ宮古地区青壮年部が協力し、植付けから肥培管理などを指導している。毎日の掃除時間では地道な除草作業行うほか、毎月1回の「環境デー」では全生徒で一斉活動をしている。

 畑の面積は10㌃で、サツマイモやジャガイモ、ニンジン、島ラッキョウなどを栽培中だ。収穫した野菜は2月の「教育ファームまつり」で販売する予定。

 指導する浜川教諭は「食べ物が食卓に並ぶまでの過程を理解し、食に対する意識は変わった」と話した。

 新里将也君(3年)は「野菜が成長していくの楽しみだった」、伊山大樹君(同)は「雑草抜きが大変だった」とそれぞれ活動振り返り、宮国智也君(同)は「将来、自分でもう一度栽培したい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!